意外と知られていない?貸店舗を契約する際の注意点

意外と知られていない?貸店舗を契約する際の注意点

店内

電気について

大阪に限ったことではなく、飲食店では意外と電気を使うことが想定できるので、貸店舗の電気容量がいくらあるのか調べておくと良いでしょう。大まかに計算すると貸店舗の1.5倍は電気を使えなければ、停電してしまう恐れがあります。

お店

看板の設置場所

派手で大きめな看板が大阪のシンボルと言っても過言ではないでしょう。しかし、貸店舗に看板を設置するには規約があるので、しっかり熟知しておかなくてはトラブルの元となってしまうので、気を付けるべきです。

物件の違い

スケルトン物件

スケルトン物件はその名の通り、設備が揃っていない物件となっているので、業者を呼べば好きなようにリフォームをすることが可能となっています。ですので、細かい部分までイメージ通りの店舗にしたい方に打って付けと言えるでしょう。

居ぬき物件

居ぬき物件はスケルトン物件と正反対となっていますが、配線工事などをしなくてもそのまま使うことができるので、開店まで時間をかけることがありません。設備がそのまま使える場合もあるので、すぐにでもお店を出店したい方に良いでしょう。

広告募集中